トップ > ウイスキー > 【イチローズモルトで有名な羽生の18年原酒もブレンド!】アデルフィ社 ザ・グラバー 18年 シェリーカスク 49.2% 700ml 【日本とスコットランドの融合!】
ボトラーズ・ウイスキー > 【イチローズモルトで有名な羽生の18年原酒もブレンド!】アデルフィ社 ザ・グラバー 18年 シェリーカスク 49.2% 700ml 【日本とスコットランドの融合!】


スコットランドと日本の架け橋となった、
「トーマス・グラバー」の功績を称える
アデルフィ社スペシャルボトル!


「ザ・グラバー」


 ジャパニーズウイスキーと、スコッチモルトウイスキーの
フュージョン(融合)最終章!! 


 今回でラスト!最後はシェリーカスク! 

今回は、スコットランドのインディペンデントボトラー、
アデルフィ社から発売された限定品「ザ・グラバー」の
シリーズ最後となる、ザ・グラバー18年をご紹介致します。



ウイスキー業界でも革新的なジャパニーズモルト(羽生)と、
スコッチモルトウイスキーをブレンドしたスペシャル品!


「グラバー」とは、あの長崎県の有名な観光地、
グラバー邸の家主、グラバー氏なのです。


スコットランドのアバディーンで生まれた彼は、鎖国政策の
終了と共に貿易会社の社員として長崎に赴任しました。

武器や食品の輸入だけでなく、炭鉱の経営やキリンビールの
創設にも携わるなど、単なる貿易商の枠を超えて日本の
幕末以降の産業振興に力を注いだ名士です。

そんなグラバー氏のもと発展してきたスコットランドと
日本の友好関係及び、彼の功績を記念して発売されたのが
このスペシャルウイスキーです。

アデルフィ社社長のアレックス・ブルース氏が、1858年に結んだ
日英修好条約において英国側を代表して調印した第8代エルギン伯、
ジェームズ・ブルース氏の玄孫であることから、同社がこの
プロジェクトを手掛けることになり、アレックス氏と同社の
テイスティングを担当するチャールズ・マクリーン氏の2人が
入念なテイスティングを重ね、このウイスキーが誕生しました!


今回は、昨年リリースされた第3弾の18年と同じ熟成年数ですが、
100%シェリー樽での熟成となっており、そしてこの18年が、
このシリーズの最後のリリースとなります。



実際テイスティングしました!!

色はゴールデンカラー、香りは優しいシェリー香、杏子やプルーン、
オーク、オレンジピール、奥に和風出汁、ボディはアタックから
ソフトで、ライトなチョコレート、焼き菓子、焦がした砂糖、
フィニッシュはビターとレーズンの枝のタンニン、少しのピートで
凄く綺麗に長く続きます。

第三弾のグラバー18年に比べ、ボディはソフトですが
綺麗なシェリー樽熟成の深みがあり、オールラウンドに
ノンストレスで楽しめます!

遂に最終章となったグラバーですが、今までのグラバーとは
違った個性でリリースしてくるのは流石です!


このシリーズもこれで最後となります。

限定品のため、在庫限りとなり再入荷の予定もありませんので、
是非この機会をお見逃し無いようお買い求めください。


 

THE GLOVER 18yo  49.2%  700ml
総生産数 1406本


中身は、日本の蒸留所とスコットランドの蒸留所の
ブレンデッドモルトですが、詳細は非公開となっております。


比率はスコットランド産モルトの方がやや多いとのことです。


<オフィシャルテイスティングノート>

色は、銅のようなゴールド。

最初は古い木製キャビネットのような埃っぽさ、
後からオレンジの皮、ライムマーマレード、
ストロベリーガム、ほおづき、優しいハチミツ、
タンジェリンみかんとフレッシュなブドウに、
バイオリンの弓に塗る松脂。

口の中をワックスがコーティングするようで、
最初は少しピリッとして、マジパンや
ミルクチョコレートが続いていき、
かすかなスモークとフレッシュペッパーが、
温かくバランスの良いフィニッシュとなる。


 

【イチローズモルトで有名な羽生の18年原酒もブレンド!】アデルフィ社 ザ・グラバー 18年 シェリーカスク 49.2% 700ml 【日本とスコットランドの融合!】

商品コード : WHI-16102010
価格 : 18,500円(税込19,980円)
49.2% 700ml
数量    残りあと19個
 

3万円(税込32,400円)以上で送料無料!

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません












ページトップへ

*未成年者の飲酒は禁止されています。お酒は20歳になってから*